ブライダルシェービング 何日前

結婚式直前にしておきたいブライダルエステ

ブライダルシェービングは何日前にする?

ブライダルエステで最もやっておいた方が良いといわれるのがシェービングです。
花嫁さんの9割が結婚式前にブライダルシェービングをしています。

 

顔や背中、襟足などのシェービングですが、これをやるかやらないかで肌の美しさに差がついてしまうようです。
スポットライトなど光があたると毛が目立ってしまうことがあるので、産毛は剃っておいた方がいいでしょう。

 

顔の産毛のお手入れは自分でもできますが、背中やうなじは自分では難しいところです。
ブライダルシェービングを行っているエステサロンを利用するのがおすすめです。

 

シェービングを何日前に行ったらいいのか迷ってしまう人も多いようです。

 

式の前日だと万が一トラブルが起こってしまったら取り返しのつかないことになるかもしれません。
敏感肌の場合、カミソリ負けして肌荒れを起こしてしまう可能性があります。
なので、事前に試し剃りをしておきましょう。

 

シェービングにはカミソリを使った本格シェービングと、電動シェーバーによるソフトシェービングの2種類があります。

 

カミソリでのシェービングの場合は、4日前から1日前
ソフトシェービングの場合は、2日前から1日前で大丈夫です。

 

シェービングをすると、肌の古い角質もいっしょに取り除くことができるので、化粧のノリがよくなります。
結婚式前にはぜひやっておきたいところです。

 

ブライダルシェービングをエステサロンで行うと、シェービング後の肌のお手入れ方法など、いろいろとアドバイスがもらえます。
また、サロンは居心地よく過ごせたりするので、結婚式前のナーバスな気分の解消につながったりします。


結婚式を控えた花嫁さんが、ブライダルエステに通うことは珍しくありません。

 

一生に一度の晴れ舞台、多くの方に見られるまたとない機会です。
少しでも美しく見られるように、多くの花嫁さんが利用しています。
そんなブライダルエステに、母親への感謝を伝えるプランがあることをご存知でしょうか?

 

結婚式の主役は花嫁だと思われがちです。
もちろん、一番注目を浴びるのが花嫁であることに間違いはありません。

 

最近は、挙式でベールダウンの演出を行ったり、サンクスバイトやラストバイトなどの演出を行ったりと、
花嫁のお母様が結婚式の中で、花嫁と同様に注目を浴びる機会が多くあります。
また、各卓を挨拶にまわったりと、花嫁以上に参列者と近い距離で接することが多いのです。

 

母親にとっても、自分の娘の結婚式は、一生に一度の特別なものです。

 

そんなお母様に、娘として最後のプレゼントでエステを贈ることが出来たら、きっと喜んでもらえることでしょう。
エステという、心も体もリラックスできる時間を母娘で楽しむことが、最高の親孝行になるかもしれません。

 

母親への感謝の想いを、エステというプレゼントで伝えてみるのもいいですね。